バンクイック カードローン 比較

バンクイックのカードローン

世間一般に小口のローンの事を総称してキャッシングと呼ぶ傾向が強いようです。本来はキャッシングを行うのは消費者金融など金融会社で、銀行が行う現金自動支払機による小口融資はカードローンというのが正式名称です。どちらも申し込んで審査が通れば比較的早く口座に振り込みがされる点で同様な商品と思われていますが、金利、限度額、返済方法など違う点はいろいろあります。

 

一般的にカードローンは金利が低めであることが多く、融資限度額も個人の収入の3分の1というルールが適用されないため、かなり高めに設定されています。三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、融資の限度額が500万円に設定されています。しかし、実際には学生や専業主婦など定期収入を持たない人の融資額はかなり低く抑えられていますし、100万円を超える融資には収入証明書が必要となります。こうした銀行のローンの信用保証は、消費者金融が行うことが多く、そのため銀行は貸し倒れのリスクを抑えることが出来るのです。